相談

骨粗鬆症は治療が可能|女性に知っていて欲しい病気

このエントリーをはてなブックマークに追加

膵胆管合流異常とも関係

病棟

胆管は肝臓と十二指腸またその間の胆のうをつなぐ存在であり、胆汁を移動させる役割を持っています。膵胆管合流異常がある場合胆管がんや胆のうがんのリスクが高まることが知られています。またがんの位置や進行度のより治療方法は変わってきます。

More...

女性は特に、気をつける

医者

予防する事の重要性

骨粗鬆症は骨が弱くなり、骨折などのリスクが上がります。骨粗鬆症は加齢に伴い、多くなって行きます。特に、女性では更年期以降なり易くなります。年を取ると腰が曲がってきたり、身長が縮んでくることがあります。これは背骨がもろくなり、椎体が上下につぶれるようになります。椎体骨折と呼ばれるものですが、慢性的な痛みがでてくることもありますが、痛みなどを全く感じない人も多くいます。特に、女性では50歳を超えた年齢になると、日常のちょっとした動作でこの症状になる事もあります。骨粗鬆症になると、他の部分でも骨折をする可能性があります。特に、腕の付け根、太ももの付け根、手首などが多くなるので注意が必要です。高齢者の場合、骨折などにより介護が必要になってしまう事もあります。

閉経後の予防

骨粗鬆症などがきっかけで骨折などをした場合、日常の生活が不便になったり、場合によっては介護が必要になったりします。骨粗鬆症での治療は骨折を予防することになります。骨粗鬆症の治療では食事、運動、薬物などがあります。食事の治療では骨を強くするためのバランスの取れた質の良い食事をします。運動では筋力をつけたり骨の密度を上げる方法を考えます。薬では骨折のリスクを軽減させるものを使います。様々な治療方法や予防があります。治療は将来の骨折や寝たきりにならない為の質の良い生活を目指すものになります。いろいろな方法を継続する事はリスクの軽減になります。特に、閉経後の女性は骨の質が低下してくるので予防をする必要があります。

骨にもできる

カウンセリング

骨にできる悪性の腫瘍を骨肉腫と言います。成長期の未成年が多く罹患し、三十代以上の罹患者は極めて稀です。罹患率も年間二百人を下回り、高い知名度とは裏腹に珍しい疾患でもあります。骨肉腫の治療では四肢の切断をイメージする人も多いですが、現在は多くの代替手法と共に腕や足を残した治療法も確立しています。

More...

夜中でも安心です

女性

浦安には地元民だけでなく旅行者でも利用しやすい、深夜でも飛び込みで診察を受けられる夜間診療対応病院が沢山あります。外科も内科もありますので、夜中に病気になってしまった場合や怪我をしてしまった場合に診察を受けるといいでしょう。

More...