気になる白髪染めトリートメントのこと

年齢を重ねることでの悩みの「白髪」 白髪発生までのメカニズムと改善方法

白髪が発生するメカニズム

年齢を重ねてくると体力や肌のハリ、肌細胞の水分量など、色々と減ってくるものが沢山あります。

そんな中で唯一増えるものであるといっても過言ではないのが、「白髪」です。

では、そもそも白髪はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか。

現在当たり前のようにヘアカラートリートメント等で白髪のケアをしている方も、一度くらいはこのような疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。

そこでここでは、白髪が発生するメカニズムについてご説明させていただきます。

そもそも髪の毛が黒いのは、「メラニン色素」という髪の毛を黒くする作用がある色素が存在するためです。

そしてこの色素は、髪の毛の“原料”である「毛母細胞」という細胞の中にある、「メラノサイト」という細胞によって生成されています。

つまり髪の毛が黒いのは、毛母細胞の中にあるメラノサイトが正常に機能しているからなのです。

ところが人は年齢を重ねてくると、このメラノサイトの働きが徐々に低下してきます。

また人によっては、毛母細胞の中のメラノサイトが完全になくなったり、その数が少なくなってしまったりすることもあります。

メラノサイトの数が減ったりその機能が低下したりするということは毛母細胞の中でメラニン色素が生成されなくなるということなので、その結果として髪の毛が白くなってしまうというわけです。

以上のように白髪はメラノサイトの機能低下が原因で発生しますので、放置しておいても治ることはありません。

そのため白髪を改善するためには、市販されている白髪染めやヘアカラートリートメント等による白髪染めをするなど、“外部からのケア”をしていく必要があるのです。

白髪染めの際の注意点は色々あります。

【白髪染めトリートメントの詳細お伝えします!(http://www.buy-model-trains-for-sale.com/)】で注意点について幾つか説明されていますのでそちらもあわせてご覧下さい。